前へ
次へ

不動産売買時隣地所有者立ち会いで境界を確認

建物や土地などの売買で正式に売却をすることになったら、境界や物件の状態を当事者が立会確認をすることも必要です。
不動産会社の担当者と、買主と売主が揃って立ち会うことになります。
契約書添付の一覧表通りの付帯設備の有無であるか、状態も正しいものであるか、物件の広さや間取りなども間違いはないか、欠陥や不具合は無いかなども確認は必要です。
売買をしたものの後あとトラブルに発展をしやすい、境界を確定させることも外すことはできません。
現地で不動産会社と売主が境界の確認を行いますが、このメンバーだけでは終わらせないようにします。
隣地の所有者にも必ず一緒に立ち会ってもらうのがポイントであり、越境の問題や曖昧な境界であると、あとから思わぬトラブルになるケースも考えられるためです。
些細な確認ミスが問題を招いてしまうことで、引き渡し自体ができなくなってはいけません。
もしも順調な引き渡しができなくなり、損害賠償の請求などになっては困ります。

Page Top