前へ
次へ

不動産売買の仲介業の特徴

不動産の売買をするときに使用する不動産仲介は、売り払いたい人と手にしたい人を継ぎ合わせる業務です。
どのような方でもすることができる仕事ということではなく、宅地建物取引士の資格がなくてはなりません。
仲介に取り組む会社には、大手ディベロッパーが取引のために持っている仲介会社もある一方、町の不動産屋というようなムードの会社もあります。
それに加えて、建設会社、あるいは工務店には、仲介業務を自分の会社の宅地建物取引士が実行する場合もあります。
各々の会社ごとに特色がありますが、大手仲介業者だと、知名度と取引関係からとても大きな物件に限定せず、たくさんの売買が実施されています。
それに対し、老舗の地域住民と共に生きる仲介業者については、その土地に以前からの顔なじみも少なくなく、人脈をいかした営業に取り組んでいます。
どういった会社にお願いしたところで売却することは可能ですが、会社毎の特殊性を見定めたうえで、仲介業者を選択することが成功に導く最初の一歩となります。

Page Top