前へ
次へ

不動産売買時における仲介手数料

仲介手数料とは不動産会社に売買を依頼した際に発生する成功報酬です。
仲介手数料は法律で上限が定められており、売買金額が200万円以下の場合は料率5.4%、200万円以上400万円以下の場合は4.32%、400万円を超える場合は3.24%となります。
仲介手数料を支払うタイミングは原則として売買契約が成立した時点です。
ただし通常契約が成立した段階では不動産の引き渡しまでは完了していないケースが多く、どのタイミングで仲介手数料を支払うかについては事前に相手方とよく話し合って決めておくべきです。
また信頼できる良い不動産会社を選ぶためには宅建免許を有しているか、電話・メールなどへの素早い返信ができるか、丁寧な報告がなされているかなどを重視しましょう。
決して仲介手数料の安さだけを基準に選んではいけません。
仲介手数料を安くするためには販売コストをカットする必要があり、そのせいで結果的に不動産が売れなかったり、予定していたよりも安い金額で売却してしまったといった事態を招く可能性があります。

Page Top